謹んで新春のお祝い申し上げます

 

〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓

謹んで新春をお祝い申し上げます。

旧年中は大変お世話になり、誠にありがとうございました。
本年も螺鈿アートを通して、小さな幸せをお届けさせていただきます。

本年も皆様が御健勝で御多幸でありますよう、心からお祈り申し上げます。

平成31年 元旦
上本ミナ

〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓

 

 

2018年を振り返って

明けましておめでとうございます!

今年もよろしくお願いいたします。

 

昨年、Print creativeでは、去年の今頃、想像すらしていなかったことが、本当にたくさんありました。

 

螺鈿アートのスマホケースを映画「検察側の罪人」に小道具として起用していただいたり、大型イベント以外では、渋谷ヒカリエや、名古屋タカシマヤで出店させていただきましたし、ライフスタイルメディア「sheage」にも掲載していただきました。

Twitterでは、『#ハンドメイド界隈のテンション上げてく為に自分のイチオシ作品画像を貼ろう』というハッシュタグで、投稿したつぶやきがバズって、5000件を超えるリツイートと、1万件を超えるいいねをいただきました。

そして、12月には、2018年を締めくくるかのように、BASEさんのセミナーにゲスト登壇もさせていただきました。

 

▼昨年公開された検察側の罪人

引用:https://movie.walkerplus.com/news/article/152629/

 

 

▼「Sheage」掲載

sheage printcreative

 

 

▼渋谷ヒカリエ出店

SHIBUYA WANDERING CRAFT 2018

 

 

▼BASEセミナーゲスト登壇

 

 

本当にひとつひとつが、貴重な経験で、深い深い学びがありました。

 

2018年、私を支えてくれた全ての皆様、本当にありがとうございます!

 

今年も、新しいことに挑戦しながら自分を磨き、学び、成長していきたいなぁと思います。

 

そのためにも、このブログ頑張って更新しないとなぁと思います。笑

 

 

2019年、作家さんに伝えたいことは「呪いの言葉」はやめようってこと

 

こうやって振り返ると、ハンドメイド作家として、とても充実な日々を過ごしたなぁと思います。

 

そんな私の活動を見て、「ミナちゃんだからできることだよね」と、同じ作家さんからよく言われます。

 

「うらやましい」とか。

「こういうことができてすごい」とか。

 

本当によく言われる。

 

褒められて悪い気はしないんだけど(笑)

その子たちには「〇〇ちゃんもできるよ」って思うし、伝えてる。

だって、誰でもできることしか、やってないのよ・・・

私にしかできないことやってるなら、私はもっと売れてるハズだ!(笑)

 

 

 

映画起用も、きっかけはInstagramだし、渋谷ヒカリエのお話も、宮本さんのFB投稿に、私からアプローチしただけだし、Twitterのバズも、寝る前に投稿しただけ。

 

 

Instagram投稿して、Twitter投稿して、誰かの投稿から情報をキャッチして連絡する。

 

 

これが、できない人っているかな?笑

 

私よりも遥かに人気で売れまくってる作家さんも、実は、誰にでもできることしかやってない。

正しくは、誰にでもできることを誰よりもやってるんだけど。

よーく観察してチェックしていると、分かります♪

 

 

〇〇〇さんだからできる。

この言葉に続くのはきっとこれ。

だけど、私にはできない。

あるいは

だけど、私は、それはやりたくない。

 

 

これって、自分の現実から逃げる呪いの言葉~(´;ω;`)

 

 

だって、実は、誰にでもできることをやろうともしないわけだ。

 

昔の私も、話題になってる作家さんを見たら、「うらやましい」とか、「何か話題になる裏技があるんじゃないか」とか、「そういうルートがあるんじゃないか」とか、思ったこともあった。

 

それなら、私にはできんやーん、やーめた!って。

 

自分で自分に呪いの言葉をかけつづけて、知らない間にテンション下げてるの(笑)

でも、あるとき思った。

「だったら、私はどうするの?」ってこと。

 

 

だから、こう思ってみた。

〇〇〇さんだからできる。だけど、私にはできない。だったら、私はどうするの?

 

 

こう付け加えるだけで、呪いの言葉が魔法の言葉になる。

 

 

なぜなら

自分がどうするか、何ができるか。

これを考えることで、自分の現実を受け止めるようになるから、まずはやってみるようになる。

やってみて違ったら、やり直してればいい。

 

 

ぶっちゃけ、めっちゃ売れてる作家さんって、誰でもできることを誰よりもやってる。

私も及ばないと悔しくなるくらいやってる。

だけど、それができない自分を「ダメ」って思う必要はなくて。

今の自分の力で、できることを考えて、続けることが大切。

 

 

 

例えば

・〇〇さんほど、毎日ブログが書けないなら、1週間に1記事は書く努力をする。

・〇〇さんほど、インスタ更新ができないなら、自分ができる更新頻度から始めてみる。

・〇〇さんほど、毎週のようにイベント出店するのが無理なら、2ヶ月に1回出るようしてみる。

 

なんでもいいから、無理なく、でもちょっと頑張らなきゃいけない程度から始めてみたらいい。

 

そうしたら、きっと「〇〇さんだからできる」なんて不思議と口にしなくなるよ。

 






————————————————————————————————————

この記事のお問い合わせは、LINE@からお気軽にどうぞ!
ブログの感想などもお聞かせいただけたら嬉しいです♡

友だち追加

— — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — —

匿名で聞ける!上本ミナの質問箱です。


— — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — —

講演会やセミナー依頼はこちら


————————————————————————————————————

関連記事