ハンドメイドイベント出店で何よりも重要な考え方

1/11、12と東京ビックサイトで開催されたHMJ冬2020の出店が終わりました。
1/2~5のイクスピアリ出店と新年早々2週連続のイベント出店で怒涛のスタートダッシュとなりました。

今年は大型のイベント出店はもちろん、ポップアップの機会があればどんどん挑戦していきます!

ハンドメイドイベント ブース



と、こんな感じで楽しんでまいりました。

さて、イベントと言えば、昨年の秋くらいから同じイベントで出店されている作家さんから相談を受ける機会が多くなっているのですが、お話していて気付いたことがあるのでシェアしてみようかと。

次はどうしようか悩んでいます

私が出店するほとんどのイベントは、毎年定期的に開催されているイベントなんですが、お話していると結構多くの方がこのように言うんですね。


「次はどうしようか悩んでいます」


しかも、初出店の方がこのようにおっしゃります。

理由は「自分が想像しているよりも良くなかった」とか、「こんな感じで次出店して意味があるのか」みたいなネガティブ寄り。

これを聞くたびに、すごく勿体ない考え方だなぁ…と実は感じています。


なぜならば

初めての出店で自分の思い通りの結果が出せるわけない!!

 

だから、思い通りの結果じゃないから出ないでおこうかな…というのは、ちょっと間違った方向へ走っているかなと勿体なく思うのです。

もし、思い通りの結果が出せたとするならたまたまラッキーだったか、自分の実力が自分の想定以上に高かったかのどちらかです。

後者であることはほぼないですよね。
過去一人だけそうであろう方はいましたが、かなりレアかなぁ…と思います。

なぜ、一回でやめようとするのか

物事がたった1回で自分の思う通りの結果になったとするなら、恐らく私たちの辞書からは「努力」とか「忍耐」とか「七転び八起き」なんて言葉はなくなってしまうでしょうね。

きっと、赤ちゃんが歩けるようになるのに1年もかからないだろうし、小学生が鉄棒を練習するなんて概念はなくなるだろうし、大学受験の浪人なんてこの世から一人もいなくなるのではないでしょうか。

そう考えると、イベント出店だって同じ。

なぜ、一回でやめようという選択肢を出してしまうのでしょうか??

継続することが一番大変

アフラックのCMで吉田沙保里さんがこういうことを言ってます。

一位を獲ることも大変だったけど、それを獲り続けることの方がもっと大変だった



私、この言葉がめちゃくちゃ心に刺さって名言だと思ってるんですが、
これはハンドメイドイベントでも同じことが言えます。



つまり、最初の出店も勇気と覚悟と気合をもって臨むけど、それを継続することの方が大変なのです。



出店が継続できない理由として、メンタルもありますが金銭的事情とか家庭的事情ももちろんありますよね。
でも、もし継続しない理由がメンタル的事情(例えば、思い通りの結果ではなかったとか)ならば、その考え方は非常に勿体ないことです。

結果に納得することはない

仮に継続的に出店できたとしても、単純に毎回同じように出店していては、継続しても何も変わらないことは誰しもが分かることかと思います。

つまり、思い通りの結果に近づくために改善案を出して挑戦してみることが重要になってきます。

でもこれが簡単にはできない。

だから、結果を出せる人と出せない人が出てくるわけです。

結果を出せる考え方というのもあるので、これについてはまた書きますね。



ちなみに…
私自身は、一度も結果に納得したことはありません。

恐らく、納得する日がやってくることはないでしょうね。

だから納得を追い求めて挑戦するんですが、 同じように継続して出店をし続けている作家さんも納得している方は見たことがありません。

つまり、継続している作家さんは、毎回課題を発見して、その改善案を挑戦する場として次の出店を機会に捉えている。



ハンドメイドイベントの出店は奥が深いなぁ…

初めから思い通りにはいかないという本質を理解する

ハンドメイドイベントの出店で、何よりも大切な考え方は「初めから思い通りにはいかないという本質を理解しておくこと」です。



これを押さえておけば、結果を受けて次の出店を悩む必要なんてなくなるわけです。
(ただし、金銭的、家庭的事情の場合は例外ですよ)


▼こっちも読んでみてね♪
>>>ハンドメイド活動全般の思い通りにいかないときの考え方




私が継続して出店し続けた結果を少しだけ書かせていただくと
2017年7月のHMJから今回の2020年のHMJで売上は5倍になっています。
名古屋で出店するクリエーターズマーケットは、2015年から2019年で10倍近くになっています。

もし1回で出店をやめていたらこの結果は出すことができませんでしたし、継続している今だから感じていることです。


そして、私が個人的にもうひとつ言いたいことは、金銭的にも家庭的にも障害がないならば、イベントには 出られるだけ出た方がいいということです。更には、時間を空けることなく出店できるなら尚良いということです。

なぜならば、経験値の積み上がり方が格段に変わるからです。
経験は知識に勝ります。
つまり、メンタルも自ずと鍛えられていきます。
メンタルが鍛えられれば、ネットだって売れるようになっていきます。


ということで、悩むくらいなら出店しましょう。







————————————————————————————————————

この記事のお問い合わせは、LINE@からお気軽にどうぞ!
ブログの感想などもお聞かせいただけたら嬉しいです♡

友だち追加

— — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — —

匿名で聞ける!上本ミナの質問箱です。


— — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — —

講演会やセミナー依頼はこちら


————————————————————————————————————

関連記事